Go言語   はじめの一歩

ホーム   Goチュートリアル


Goで最初のプログラムを書いてみましょう。

コーディング

お好きなエディタで次のコードを記述してください。そしてhello.goという名前で保存してください。Goのコードファイルの拡張子は.goになります。

hello.go


package main

func main() {
	println("Hello, Go!")
}
    

実行

Goはコンパイル型の言語です。高速で実行することができます。しかしインタープリタ的に実行することもできます。ここではその2通りとも紹介します。

コンパイル

ターミナルを開いて、hllo.goを保存したディレクトリに移動してください。そして次のようにコンパイルして実行します。


go build hello.go
// 実行ファイル hello が作成されます
./hello
// helloを実行しています

Hello, Go!
    

インタープリタ

次のようにして、hello.goファイルを、コンパイルせずに実行できます。


go run hello.go
// hello.goをインタープリタ的に実行します

Hello, Go!
    

コード説明


package main
    

Goの何かの処理は必ずパッケージ内に記述しなければなりません。一般的には main パッケージが使われます。


func main() {
    

プログラムは、main ファンクションから始まる決まりになっています。


    println("Hello, Go!")
    

printlnは、Goに最初から用意されている命令で、( )に指定した値を、ターミナルに表示します。なおこのような命令を関数と呼びます。


}
    

main ファンクションも関数です。関数の中で行われる処理は { と } の間に記述することになっています。

コメント

プログラムの中にメモを記述することができます。このメモのことをコメント言います。コメントはプログラムの動作になにも影響を与えません。

comment.go


package main

/*
comment.go
2019/06/24
(c) vivacocoa.jp
*/

func main() {
	println("Hello Go!")	// Hello Go! と表示されます
}
    

実行結果


Hello Go!
    

/* と */ で囲まれた部分はコメントになります。comment.go のように、複数行をコメントにすることができます。

// で始まる部分は、// から、その行の行末までがコメントになりますので、一行コメントとも呼ばれます。

本格的なプログラミング言語では、データのタイプ(type、型)が決まっています。まずは、文字列型と整数型があることを覚えまておきしょう。

type.go


package main

func main() {
	println("I am a string.")
	// "I am a string." は文字列型です
	println(100)
	// 100 は整数型です
}
    

実行結果


I am a string.
100
    


2498 visits
Posted: Jun. 18, 2019
Update: Jul. 07, 2019

ホーム   Goチュートリアル   目次