Learn Swift / viva Cocoa


Learn Swift / 第1章  Xcode のインストールとプロジェクトの作成


このコーナーでは、Swift による、Mac OS X アプリケーションの作成方法を、説明しています。

2016年1月14日

home  目次  前へ  次へ  mail


Xcode のインストール

 Mac OS X アプリケーションを作るには、Xcode というツールが必要です。Dock もしくは Launchpad から、App Store を起動して、検索スペースに "Xcode" と入力してください。Xcode が見つかりましたら、"入手" をクリックします。あとは表示される手順に従うと、Xcode のダウンロードとインストールが始まります。


Xcode の起動

 Xcode のインストールが完了しましたら、LaunchPad を起動して、Xcode アイコンをクリックしてください。Xcode を始めて起動する時には、いつくかの確認画面が表示されます。画面の指示に従ってください。


プロジェクトの作成

 Xcode の起動が完了すると、Welcom to Xcode 画面が表示されます。"Create a new Xcode project" をクリックしてください。

 アプリケーションの作成には、いくつかのファイルが必要になります。Xcode では、それらのファイルを、一つのプロジェクトとして管理しています。もし、"Welcome to Xcode" 画面が表示されない場合は、"Window" メニューの "Welcome to Xcode" アイテムをクリックしてください。

 次の画面で、左カテゴリーから "OS X" の "Application" を選び、右の種類で "Cocoa Application" を選びます。選択が終わりましたら "Next" をクリックしてください。

 次の画面で、Product Name を Hello にします。この Product Name がアプリケーションの名前になります。なお、アプリケーションの名前は、後から変更することも可能ですが、このコーナーでは変更方法の説明はいたしません。Organization Name にはあなたの名前を、Organization Identifier にはお持ちのドメインの逆ドメイン (例:jp.yourcompany など) を入力してください。ドメインをお持ちでない場合は、com.yourcompany などを入力します。Language は Swift を選び、チェックボックスは Use Storyboards だけにチェックを入れてください。設定が終わりましたら、Next をクリックします。

 次の画面では、プロジェクトの保存場所を決めます。例では、デスクトップに Swift というフォルダを作成し、その中にプロジェクトを保存しています。なお、SourceControl のチェックは外しておきます。保存場所が決まりましたら、画面右下の "Create" をクリックしてください。

 プロジェクトの作成が完了すると、次の画面が現れます。

 プロジェクトを閉じるには、プロジェクト画面のクローズボタンをクリックします。Xcode を終了するには、Xcode メニューの Quit Xcode を選びます。

 Hello プロジェクトを、再び開くには、保存したフォルダの中の、Hello フォルダの中にある、Hello.xcodeproj をダブルクリックします。


お疲れ様でした。

 第2章では、アプリケーションの画面を作成いたします。お楽しみに

home  目次  前へ  次へ  mail


無断転載禁止
Copyright 2016. vivacocoa.jp All right reserved.