Windows API Primer   メッセージボックス

ホーム   目次

メッセージボックス

Windows API で GUI を一番簡単に表現する方法はメッセージボックスです。

messagebox.c


#include <windows.h>

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance,
		   HINSTANCE hPrevInstance,
		   LPSTR     lpCmdLine,
		   int       nCmdShow)
{
  MessageBox(NULL, TEXT("こんにんちは"), TEXT("ご挨拶"), MB_OK);
  return 0;
}
    


実行結果


OKボタンのクリックするとメッセージボックスが閉じます。メッセージボックスを閉じるまでは、そのアプリケーションの進行は止まっています。


コード説明

  1. MessageBox関数には次の4つの引数があります。
    1. 第1引数に、メッセージボックスの親ウィンドを指定します。親ウィンドウがない場合はNULLを指定します。
    2. 第2引数に、メッセージボックスに表示される本文を指定します。
    3. 第3引数に、メッセージボックスのタイトルバーに表示される文字列を指定します。NULLを指定すると「エラー」という文字列がタイトルバーに表示されます。
    4. 第4引数に、ボタンの種類とアイコンの種類を定数で指定します。複数を指定したい場合は | で区切ります。定数には次のようなものがあります。
      MB_OK
      OKボタンのみが表示されます。
      MB_YESNO
      「はい」と「いいえ」ボタンが表示されます。
      MB_ICONEXCLAMATION
      びっくりマークアイコンが表示されます。
      MB_ICONINFORMATION
      情報アイコンが表示されます。
      MB_ICONQUESTION
      疑問符アイコンが表示されます。
      MB_ICONERROR
      エラーアイコンが表示されます。
  2. メッセージボックスが閉じられる時は、その押されたボタンを表す整数値が戻り値として返されます。


4735 visits
Posted: May. 31, 2020
Update: Jun. 03, 2020

ホーム   目次