Go構造体   インターフェース

ホーム   Goチュートリアル
目次


インターフェースとは

インターフェースは、メソッド名だけを定義した型です。

定義の違う構造体は、違う型になります。同じ型の要素だけで構成される配列やスライスの要素に、違う構造体を指定することできません。しかし、インターフェース(interface)を使うと、違う構造体を、同じ型として扱うことができ、配列やスライスの要素にすることができます。

interface.go


package main

import "math/rand"
import "time"

type display interface {
	show()
}

type greet  struct {}
type score  struct {}
type janken struct {}

func (g greet) show() {
	names := []string{"John.", "Bob.", "Jack."}
	println("I am", names[rand.Intn(3)],"Nice to meet you.")
}

func (s score) show() {
	println("Score is", rand.Intn(101))
}

func (j janken) show() {
	hands := []string{"rock.", "paper.", "scissors."}
	println("You are", hands[rand.Intn(3)])
}

func main() {
	rand.Seed(time.Now().Unix())
	
	displays := []display{greet{}, score{}, janken{}}
	for _, display := range displays {
		display.show()
	}
}
    

実行結果


I am John. Nice to meet you.
Score is 66
You are scissors.
    

コード説明


type display interface {
	show()
}
	

インターフェースの定義は、type キーワード、任意のインターフェース名、interface キーワードと記述して、{ と } の間に、メソッド名を記述します。メソッド名は、幾つでも記述できます。


func (g greet) show() {
	

上記のように記述すると、greet 構造体は、display インターフェースの show メソッドと関連づけられます。インターフェースのメソッドと関連づけた構造体は、そのインターフェースの型として扱えるようになります。このようにインターフェースのメソッドと関連づけすることを、そのインターフェースを採用するとも言います。

注意点

インターフェースを採用する構造体では、インターフェースの一部のメソッドだけを採用することはできます。しかし、インターフェースで定義されたすべてのメソッドを採用しなければ、そのインターフェースの型として扱うことはできません。


285 visits
Posted: Jul. 02, 2019
Update: Jul. 02, 2019

ホーム   Goチュートリアル   目次