Go構造体   メソッド

ホーム   Goチュートリアル


メソッドとは

Go には、オブジェクト指向のクラスや、そのメンバーであるメソッドは存在しません。そのかわりに、Go では、構造体とは別に定義された関数を、構造体と関連づけることによって、オブジェクト指向のメソッドの替わりにしています。このように構造体に関連づけられた関数のことを、Go でも、メソッド(method)と呼んでいます。

method.go


package main

import ("fmt"
	"math/rand"
	"time"
)


type janken struct {
	name string
	hand string
}

func (j *janken) play() {
	
	hands := [] string {"グー", "チョキ", "パー"}
	n := rand.Intn(3)
	j.hand = hands[n]
}

func main() {

	rand.Seed(time.Now().Unix())
	
	you := new(janken)
	opp := new(janken)
	you.name = "あなた"
	opp.name = "相手"
	you.play()
	opp.play()
	
	fmt.Printf("%sは%sです\n",you.name, you.hand)
	fmt.Printf("%sは%sです\n",opp.name, opp.hand)

	switch {
	case you.hand == opp.hand:
		println("おあいこです")
	case you.hand == "グー" && opp.hand == "チョキ":
		println("あなたの勝ちです")
	case you.hand == "チョキ" && opp.hand == "パー":
		println("あなたの勝ちです")
	case you.hand == "パー" && opp.hand == "グー":
		println("あなたの勝ちです")
	default:
		println("相手の勝ちです")
	}
}
	

実行結果


あなたはグーです
相手はグーです
おあいこです

あなたはパーです
相手はグーです
あなたの勝ちです

あなたはパーです
相手はチョキです
相手の勝ちです
    

コード説明


func (j *janken) play() {
    

メソッドは、構造体と同じく、パッケージのルートで定義します。

メソッドの定義は、func キーワードとメソッド名の間に、( と ) で囲んでレシーバーというものを指定します。

この例では、j という識別子に構造体 janken が、関連づけられます。

注意が必要なのは、janken の前に *(アスタリスク)がついていることです。* がついていると janken 構造体が参照渡しとして j という識別子に結びつけれます。* がついていないと値渡しになります。


	j.hand = hands[n]
	

j.hand で構造体 janken の hand フィールドにアクセスできます。ここで、もし janken の前の * を記述していない場合は、あくまでも、コピーされた janken 構造体の hand フィールドが書き換えられるだけで、もとの janken 構造体の hand フィールドは書き換えられません。実際に * を外して実行すると、実行結果は次のようになります。


あなたはです
相手はです
おあいこです
    

	you := new(janken)
	

今回のサンプルの場合は、構造体の変数を、参照型で宣言しても、値型で宣言しても、実行結果は同じです。


	you.play()
	

メソッドにを呼び出すには、変数名 . メソッド名 ( ) と記述します。


651 visits
Posted: Jul. 02, 2019
Update: Jul. 02, 2019

ホーム   Goチュートリアル   目次