Electron   Install

ホーム

Electron

Electron は javaScritp と HTML と CSS を使って、 Windows と macOS と Linux の GUI アプリケーションを作るフレームワークです。

Linux については、Ubuntu、Fedora、CentOS、Mint で正常動作しますが、 Debian では動作しません。


Node.js

Electron を使うには Node.js が必要となります。

Node.js は、electron-builder が使えるバージョン12以上を使うのが良いでしょう。 electron-builder は、Windows や macOS のアプリケーションのインストーラを作れます。 インストーラを使ってアプリケーションをインストールすることによって アイコン付きの実行ファイルがお使いのシステムにインストールできます。electron-builder で作られたインストーラを使ってインストールした場合は、Node.js がインストールされて いない環境でも実行できるアプリケーションになるそうです。 一方、electron-packager(パッケージャ)を使った場合は、Node.js がインストール されていない環境では実行できないらしいです。

ここでは Node.js 14.17 をダウンロードしてインストールする方法を説明します。 次のサイトより、推奨版をダウンロードします。

ダウンロード | Node.js

  1. Windows 32bit の場合は、Windows Installer (.msi) の32bitをダウンロードします。
  2. Windows 64bit の場合は、Windows Installer (.msi)の64bitをダウンロードします。
  3. macOS の場合は、macOS Installer (.pkg) をダウンロードします。
  4. Linux の場合は、Linux Binaries (x64) をダウンロードします。


Windows と macOS へのインストール

Windows と macOS の場合は、インストーラの指示にしたがってインストールします。各設定値はデフォルトままで大丈夫です。


Linux へのインストール

ダウンロードした node-v14.17.1-linux-x64.tar.gz を任意のディレクトに解凍します。 私の場合は、Download ディレクトリに解凍(展開)しました。

展開された node-v14.17.1-linux-x64 フォルダを node などの簡単な名前に変更します。

Homeディレクトリに移動して、.bashrc ファイルの末尾に次の行を追加します。

PATH="$PATH:/home/ユーザ名/Downloads/node/bin"

そして、次のようにコマンドして記述したパスを有効にします。 コマンドを実行せずにターミナルを再起動しても有効になります。

source .bashrc

なお、apt パッケージマネージャなどでインストールすると バージョンが低い場合や、不具合が出る場合がありすので、あまりおすすめしません。


インストールされたバージョンの確認

コマンドプロンプトもしくはターミナルを起動して、インストールされた Node.js のバージョンを確認します。npm はノード・パッケージ・マネージャーで、 いろいろなパッケージのインストール使います。


node -v
v14.17.1

npm -v
6.14.13
    


1694 visits
Posted: Jun. 27, 2021
Update: Jun. 28, 2021

ホーム   目次