68K World   /   Java   Essential

ホーム

Hello world

Basilisk Ⅱ を起動して、デスクトップの simple text エイリアスをダブルクリックします。

そして、フォントメニューから Courier などを選び、次のようにコーディングします。


class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello world!");
    }
}
    



コーディングが終わりましたら、ファイルメニューから保存を選び、 デスクトップに Hello.java という名前で保存します。

Java の場合は、ファイル名をクラス名と同じにしなければいけないので、今後 この Hello.java ファイルを使い回していこうと思います。

保存が終わりましたら Simple Text もファイルメニューから終了を選び、終了してください。


次に、デスクトップに保存された Hello.java を javac エイリアスまでドラッグ&ドロップすると、次のようなダイアログが開きます。


Do Javac をクリックすると、次のようなコンソールが表示されます。error がなければ無事にコンパイルされています。


アップルメニューから Quit を選び、Javac を終了します。


デスクトップに Hello.class というファイルができていますので、このファイルを JBindery エイリアスまでドラッグ&ドロップします。すると、次のような画面が表示されますので、Run をクリックしてください。


Java Console に Hello world! と表示されます


最後に必ず、アップルメニューから Quit を選び、JBindery を終了してください。終了しておかないと、次回 JBindery が起動できなくなります。


Version

Java には、バージョンと OS を取得するメソッドが用意されています。

Hello.java を次のように書き換えて保存し、javac でコンパイル(Do Javac)します。そして、Hello.class を JBindery で実行(Run)してみてください。


class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println(System.getProperty("java.version"));
        System.out.println(System.getProperty("os.name"));
    }
}
    


バージョンは 1.1.3 だったんですね。

確認が終わりましたら、必ず、アップルメニューから Quit を選択して、JBindery を終了してください。


Types   and   variables

Java 1.1.3 は書式文字列に対応していなかったように思いますので、文字列と変数を + 演算子で繋いていきます。Hello.java を次のように書き換えて保存してください。


class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        String  name   = "Jane";
        int     age    = 24;
        double  weight = 48.5;
        char    c      = 'J';
        boolean single = true;
        
        System.out.println("Her name is " + name);
        System.out.println("She is " + age + " years old.");
        System.out.println("She weighs " + weight + " kilograms.");
        System.out.println("Her name bgins with " + c);
        if (single) {
            System.out.println("She is single.");
        } else {
            System.out.println("She is in a relationship.");
        }
    }
}
    


書き換えて保存した Hello.java を javac でコンパイルします。そして、Hello.class を JBindery で実行します。

確認が終わりましたら、アップルメニューから Quit を選んで、JBindery を必ず終了してください。


AWT

Java には、AWT(Abstract Window Toolkit)と呼ばれる GUI クラスが用意されています。

Hello.java を次のように書き換えて保存してください。


import java.awt.*;

class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        Frame frame = new Frame("Frame");
        frame.setSize(200, 100);
        frame.setVisible(true);
    }
}
    


Hello.java を javac でコンパイルして、Hellao.class を JBindery で実行します。

終了するには、アップルメニューから Quit を選んでください。


Application

JBindery は、ダブルクリックで実行できるアプリケーションとしてファイルを保存することもできます。

Hello.class を JBindery で開いて、Save Settins をクリックします。次に表示されるダイアログで Save as Application にチェックが入っていることを確認して、名前をつけて Save をクリックします。


JBindery の画面に戻りましたら、File メニューから Quit で JBindery を終了してください。

デスクトップに Hello というアプリケーションが作成されています。ダブルクリックで実行できます。

終了するには、アップルメニューから Quit を選びます。


2082 visits
Posted: Jun. 28, 2020
Update: Jun. 29, 2020

ホーム   目次