Android   最初の一歩

ホーム

この章では、最初の Hello World アプリを作るところまでを説明します。

ここでは、Aodroid Studio 2020.3.1 macOS Intel 版で説明します。Android Studio は、 Android Studio で検索して、お使いのプラットフォームのインストーラー をダウンロードしインストールします。

プロジェクトの作成

Android Studio を起動して New Project を選びます。

次の画面で Empty Activity を選んで Next をクリックします。 Activity は画面やページという意味です。

次の画面ではすべてデフォルトのまま Finish をクリックします。 Name は My Application になっていると思います。 この名前が当面の間、アプリケーションの名前になります。

プロジェクトの作成が始まります。お使いの環境によってはかなり時間がかかると思います。 次のような MainActivity.kt の画面が表示されればプロジェクトの作成は完了しています。

MainActivity.kt


package com.example.myapplication

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle

class MainActivity : AppCompatActivity() {
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)
    }
}
    

MainActivity.kt にはアプリケーションの実際の挙動を記述します。 詳しい説明は次章でします。

プロジェクトウィンドウの上には、良く使う MainActivity.kt と main_activity.xml を切り替えるタブがあります。main_activity.xml タブをクリックすると アプリケーションの見た目が表示され、 さらにその右上の Code タブをクリックすると次の XML コードが表示されます。

main_activity.xml


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Hello World!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>
    

main_activity.xml の説明も次章でしたいと思います。


アプリケーションの実行

プロジェクトウィンドウの一番上には、 No Devices というプルダウンメニューと右三角の実行ボタンがあります。 アプリケーションを実行するには、No Devices をクリックし、 AMD Manager を選んで任意のエミューレータを選択するか、お使いのコンピューターに Android デバイスをUSBケーブルでつなぎます。

USB で繋いだ Android デバイス(実機)で実行する場合は次の要領で実機を開発者モード にします。

  1. 設定→デバイス情報を開いてビルド番号を7回タップするとデバイスが開発者モードに なります。
  2. 次に設定で開発者オプションを検索して「USB 接続時にはデバッグモードにする」 をオンにします。

No Debices プルダウンメニューにエミュレーター名か実機の名前が表示されます。なお実機のデバイス名はデバイスの商品名ではなく、デバイスのコード名になります。

以上でアプリケーション実行の準備ができました。 次に右三角の実行ボタンをクリックします。 アプリケーションのビルドには大変時間がかかります。しばらく待つと次の画面が エミュレーターか実機に表示されます。



964 visits
Posted: Oct. 23, 2021
Update: Oct. 23, 2021

ホーム   目次