Android   リストビュー

ホーム

Android プログラミングを始めました。

開発環境としては、最も標準的な Android Studio と Kotlin を使うことにしました。

Android Studio のインストールや使い方の説明を始めるとスクリーンショット だらけになりますので、そこは、他のサイトを参照してください。

このコーナーでは、メインの Kotlin ファイルと、文字列のための XML ファイルの掲載が 中心になるのではないかと思います。よろしくお願いいたします。

はじめに

ここからは、Java SDK と Kotlin と Android Studio がインストールされていて、 新規プロジェクトが作成でき、View パーツの簡単なレイアウトができるところから はじめます。


リストビュー

画面をスクロールして、すべてのリストを表示することができます。


MainActivity.kt


package com.example.d5788

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.widget.ArrayAdapter
import android.widget.ListView

class MainActivity : AppCompatActivity() {
        private val languages by lazy {
            arrayOf(
                "Python",
                "C",
                "Java",
                "C++",
                "C#",
                "Visual Basic",
                "JavaScript",
                "PHP",
                "Assembly language",
                "Classic Visual Basic",
                "Go",
            )
        }

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        val listview = ListView(this)
        setContentView(listview)
        val arrayAdapter = ArrayAdapter(this,
            android.R.layout.simple_list_item_1, languages)
        listview.adapter = arrayAdapter
    }
}
    


strings.xml


<resources>
    <string name="app_name">ListView</string>
</resources>
    


activity_main.xml


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity"/>
    


実行結果



158 visits
Posted: Oct. 06, 2021
Update: Oct. 06, 2021

ホーム   目次