macOS   SwiftUIプログラミング   ダイアログ

ホーム

【お知らせ】
SwiftUIで作った macOS Todo アプリ ToDone を100ダウンロードまで無料にしました。マニュアルページは、ToDone サポートページ です。

【本文】
macOS / SwiftUI のダイアログには、アラート(Alert)とポップオーバー(Popover)が用意されています。iOS でよく使われるアクションシート(Action sheet)は macOS では使えません。

このコーナーでは、任意のテキストエディタでコードを記述し、 ターミナルを使ってビルドする方法で作業を進めています。Xcode をお使いの場合は、Xcodeで作業する場合 をご一読ください。

なお、ターミナルでコンパイルする場合も、Swift コンパイラや SwiftUI フレームワークなどを Mac にインストールするために Xcode をインストールして、一度起動させなければなりません。インストールが終われば Xcode を終了しても大丈夫です。

また、作成したアプリケーションを App Storeに提出するためのファイルにするには、Xcode を使わなければならなかったかもしれません。どこかで Xcode を使わずに作る方法を見たような気もするのですが...

私の開発環境は次のとおりです。

  • MacBook Air 2018年モデル、メモリ8G
  • macOS Monterey 12.4
  • Xcode 13.4.1
  • Swift 5.6.1

アラート

Xcode で作業を進めている場合は、ContentView(ContentView.swift)に次のコードを記述してください。

View.swift


import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @State var isShow = false
    
    var body: some View {
        VStack {
            
            Button("Click!", action: {
                isShow = true
            })
            .alert(isPresented: $isShow) {
                Alert(title: Text("Alert"),
                message: Text("Alert message"),
            dismissButton: .default(Text("OK")))
            }
        }
        .padding(10)
        .frame(minWidth: 300, maxWidth: .infinity, minHeight: 200, maxHeight: .infinity)
    }
}
	

alert の isPresented 引数に任意のBool型を指定します。Bool値が true になれば アラートが表示され、Bool値が false になればアラートが非表示になります。
Alert で作られたアラートボックスは、ボタンをクリックすると isPresented に指定した Bool値に自動で false が代入され、アラートが非表示になります。


次のファイルは、以前は Main.swift というファイル名でした。今後は App.swift というファイル名で統一したいと思います。Xcode で作業を進めている場合は、プロダクト名App(プロダクト名App.swift)に次のコードを記述してください。

App.swift


import SwiftUI

@main
struct FooApp: App {
    @NSApplicationDelegateAdaptor(AppDelegate.self) var appDelegate
    var body: some Scene {
        WindowGroup {
            ContentView()
        }
    }
}

class AppDelegate: NSObject, NSApplicationDelegate, NSWindowDelegate {

    func applicationShouldTerminateAfterLastWindowClosed(_ sender: NSApplication) -> Bool {
        return true
   }
}
	


アプリケーションの名前を変えるために、Info.plist の CFBundleName を書き換えます。ここでは「Alert」という名前にしました。 Xcode で作業している場合は、ここは無視してください。 機会があれば、 また説明します。

Info.plist


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN"
"https://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
	<key>CFBundleExecutable</key>
	<string>foo</string>
	<key>CFBundleIconFile</key>
	<string>icon-macbook.icns</string>
	<key>CFBundleName</key>
	<string>Alert</string>
</dict>
</plist>
    


ビルド


swiftc App.swift View.swift -o foo
mv foo Foo.app/Contents/MacOS
    

実行

アラートに選択肢がある場合

View.swift


import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @State var isShow = false
    @State var result = ""
    
    var body: some View {
        VStack {
            
            Button("Click!", action: {
                isShow = true
            })
            .alert(isPresented: $isShow) {
                Alert(title: Text("Alert"),
                message: Text("Alert message"),
                      primaryButton: .default(Text("OK"), action: {
                    result = "'OK' selected."
                }),
                      secondaryButton: .cancel(Text("Cancel"), action: {
                    result = "'Cancel' selected."
                }))
            }
            Spacer(minLength: 30).fixedSize()
            Text(result)
        }
        .padding(10)
        .frame(minWidth: 300, maxWidth: .infinity, minHeight: 200, maxHeight: .infinity)
    }
}
    

App.swift に変更はありません。

ポップオーバー

ポップオーバー(Popover)は、ダイアログを表示する機能だけが用意されています。 表示されたダイアログで何をするかは、プログラマの自由になります。

View.swift


import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @State var isShow = false
    
    var body: some View {
        VStack {
            
            Button("Click!", action: {
                isShow = true
            })
            .popover(isPresented: $isShow, content: {
                VStack{
                    Text("Popover!").font(.largeTitle).fontWeight(.ultraLight)
                    Spacer(minLength: 15).fixedSize()
                    Text("ここにいろいろな処理が書けます。")
                    Spacer(minLength: 15).fixedSize()
                    Button("Close", action:{
                        isShow = false
                    })
                }.frame(width: 250, height: 100)
            })
        }
        .padding(10)
        .frame(minWidth: 300, maxWidth: .infinity, minHeight: 200, maxHeight: .infinity)
    }
}
    

App.swift に変更はありません。

popover には、isPresented で指定した Bool値に自動で false が代入される仕組みはありません。Bool値に false を代入するコードが 必要になります。




5961 visits
Posted: Jun. 30, 2022
Update: Jun. 30, 2022

ホーム   目次